ホーム > 診断・治療

ステントグラフト治療の対象疾患・治療法

対象疾患・症状
動脈瘤とは?
心臓から体の各臓器に血液を運ぶ大動脈が高血圧や高脂血症、糖尿病などの生活習慣病により動脈硬化をおこして血管が弱くなり、風船状にふくらむ病気です。
治療方法
ステントグラフトとは?
ステントグラフトは、ポリエステルやPTFEでできた人工血管とバネのようにSELFEXPAND(自己拡張)する、ステンレススチール、ナイチノール、コバルトクロム合金などでできたステントを組み合わせて作成されたもので、現在主に数社の企業から販売されたステントグラフトを使用しております。またその中から患者様に適したものを選択して、治療をさせて頂いています。
治療方法
治療スケジュールについて
術前、術中、術後から外来通院について案内しております。検査内容の詳細や手術内容についてはこちらの項目を参考にしてください。

このページの一番上へ

診療予定表

交通アクセス

連絡先
八尾徳洲会総合病院
大阪府八尾市若草町1番17号
Tel.072-993-8501

| ホーム | 診療科について | 診断・治療 | 治療実績 | 外来について | 入院について | アクセス |